お酒が妊婦に悪い理由

そもそも医師によっては妊娠中に少量のお酒なら摂取してもかまわないという理論があります。
それはリラックス効果が期待できるからです。
ただし、あくまで少量であって大量に摂取してはいけません。

交通事故

なぜなら、妊婦さんがが飲んだアルコールが胎盤を通って直接赤ちゃんに届くからです。
妊娠中のお酒は赤ちゃんを未熟児や奇形になったり、健康を損なった状態にするリスクを高めます。
少量ならという話もありますが、少量でも影響を及ぼす可能性もないとは言えませんので、後々後悔しないように、きっぱりやめれる人はやめましょう。
胎児性アルコールが症候群という言葉がありますが、これはアルコールの影響によって、胎児の発達が遅れたり、脳の発育が不十分で言語や学習に悪影響を及ぼすことです。
生まれたときに頭が小さかったり、障がいをもって生まれてくることもあるといわれています。
お酒をやめることによってストレスがたまるというかたは、たくさんお酒がある中でもアルコール度数の強いお酒は避けるようにしましょう。
また、飲み会の席で雰囲気だけでも味わいたいという方はノンアルコールをたしなむようにしましょう。
赤ちゃんの健康を第一に考えて、お酒に向き合いましょう。

お酒が妊婦に悪い理由