お酒が妊婦に悪い理由

そもそも医師によっては妊娠中に少量のお酒なら摂取してもかまわないという理論があります。
それはリラックス効果が期待できるからです。
ただし、あくまで少量であって大量に摂取してはいけません。

交通事故

なぜなら、妊婦さんがが飲んだアルコールが胎盤を通って直接赤ちゃんに届くからです。
妊娠中のお酒は赤ちゃんを未熟児や奇形になったり、健康を損なった状態にするリスクを高めます。
少量ならという話もありますが、少量でも影響を及ぼす可能性もないとは言えませんので、後々後悔しないように、きっぱりやめれる人はやめましょう。
胎児性アルコールが症候群という言葉がありますが、これはアルコールの影響によって、胎児の発達が遅れたり、脳の発育が不十分で言語や学習に悪影響を及ぼすことです。
生まれたときに頭が小さかったり、障がいをもって生まれてくることもあるといわれています。
お酒をやめることによってストレスがたまるというかたは、たくさんお酒がある中でもアルコール度数の強いお酒は避けるようにしましょう。
また、飲み会の席で雰囲気だけでも味わいたいという方はノンアルコールをたしなむようにしましょう。
赤ちゃんの健康を第一に考えて、お酒に向き合いましょう。

お酒が妊婦に悪い理由

妊婦はカフェインを控える

妊娠中にはコーヒーなどのカフェインが入っているものを飲んではいけないということを言われることがありますが、それには理由があります。コーヒーなどのカフェイン入り飲料の効果を考えるとそれがわかります。特に、疲れがとれたように感じる人は多いですがその要因としては、カフェインが中枢神経系を刺激するからです。その影響で、心拍数の増加や興奮などを引き起こすことがあるということが一番に考えられます。からです。その影響を求めて、仕事中や運転中や勉強中など、集中力を高めたり夢中になりたいときにコーヒーを飲んでいる人も大勢います。しかしながら、限度を超えるような飲み方をした場合には、消化管系に興奮状態をもたらすので、下痢や吐き気を引き起こすことも想定できます。妊婦の場合は、お腹の中に子供がいますので、このような様々な作用があるカフェインを摂取することによって、胎盤を通過したカフェインが子供に入ってしまうと考えられています。それだけではなく、カフェインの分解に時間がかかる妊婦の体に長期にわたって停滞させるということにもなってしまうので、その影響を鑑みて避けることが重要です。たくさんの量を毎日摂取してしまった場合、低出生体重児の出産や流産や、ひどい場合には死産のリスクも考えられます。

妊婦はカフェインを控える